美容クリニックの医師の自己PR

美容クリニック医師求TOP >> 基礎 >> 美容クリニックの医師の自己PR

美容クリニックの医師の自己PR

美容クリニックに転職する時は自己PRのことも考える必要があります。自己PRは採用をもらうために重要な役割を果たすことが多いので、いいかげんに作成することはできません。特に美容クリニックは一般的なクリニックとは必要とされる技術が異なるだけあって、美容クリニックに特化した自己PRを作成することが大切です。

前職で美容クリニックを経験している医師はそのことを自己PRにからめた方がいいです。なぜなら前職で美容クリニックを経験しているということはこの業界の基本をすでに学んでいることになるからです。その状態の人材であれば新しく雇ったとしてもスムーズに業務を覚えられるはずなので、採用担当者が興味をひくようになります。ただし、前職で美容クリニックを経験していたとしても、すぐに辞めた場合は注意が必要です。業務に慣れる前に辞めていると、習得しているスキルが少ないことが予想されますし、そもそも「仕事が長続きしない人」と見なされる可能性があります。

前職の経験により、何らかのスキルを持っている場合はそれもからめて自己PRを作成していきましょう。まずは美容外科のスキルなのか、美容皮膚科のスキルなのかを見極めてなくてはなりません。美容クリニックのスキルは基本的にこの2つのどちらかであり、前者は全身麻酔による大規模施術、後者は局所麻酔による小規模施術がメインです。特に前者の方のスキルを持っている場合は即戦力として活躍できる可能性が高くなります。

近年の美容クリニックは非常に多様化しており、不妊や薄毛、無駄毛、刺青といったものに対する治療を行っているところもあります。こういったものの施術も美容クリニックのスキルには違いないので、応募先の業務と関連性があるものであれば自己PR用にピックアップしておくといいでしょう。

スキル以外では資格も自己PRにからめやすい要素です。美容クリニックと関連のある資格にはさまざまなものがあり、中にはすぐに取得できるものもあります。ただし、闇雲に取得してもあまり意味がないので、しっかりと自分が進みたい美容技術に沿った内容のものを選ばなくてはなりません。

資格を持っていなかったとしても採用に大きく不利になるということはありません。というのも、美容クリニックは医師免許さえあれば誰でもチャレンジできる業界だからです。そのため、資格はあるに越したことはありませんが、なくてもやる気をアピールすることで容易にカバーできます。

美容クリニックの医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 美容クリニック医師求人ランキング All Rights Reserved.